「自分への思いやり」って「怠けること」じゃないの、という意見を検討してみた

前回、自分への思いやり(セルフ・コンパッション)
について書きました。
https://takahashimisa.jp/self-compassion/

こんな風に思う人があると聞きます。

「『人間だから、うまくいかないこともある。
 また今度やり直したらいい』というのは
 怠けることじゃないの?」

ということで
この意見について
検討してみました。

例えば
試験があるのに
ギリギリまで遊び歩いていて

前の日には徹夜をしたけれど
試験の結果はボロボロだった

などと言う場合は
そう言えるかもしれません。

タカハシタカハシ

ちょっと耳が痛いですが

けれども例えば
ブラック企業に勤めていて

毎日残業が続いて疲れが取れず
仕事の効率が落ちて
失敗してしまった場合に

「努力しないからだ」
「怠けているからだ」

は、危険ですよね。

タカハシタカハシ

自分にムチ打って働くことを続け、
ついには燃え尽きてしまった人を
私は、何人も知っています。

ここは、

「これは何かがおかしい。
 まずは、自分の身体を守らないと
 仕事どころではなくなる」

と考えたほうがいいのです。

このブラック企業の場合は
上のような態度が
自分への思いやり
つまりセルフ・コンパッションの
態度になります。

「会社に迷惑をかけるから」
「自分の努力が足りないんだ」 

と、自分の心身のケアを
無視し続けるのは
セルフ・コンパッションではありません。

(この続きは次回に)

無料メルマガ登録

講師:高橋美佐

3分禅コーチング的視点でセレクトした
コーチング・マインドフルネス・科学に関する最新情報と
マインドフルネスの音声ガイドを
あなたにお届けします。

無料メルマガお申込み