インテグラル日記では、今、私が最も関心を寄せている、インテグラル理論とその周辺に関する、個人的な探求を共有しています。

高橋左

こんな方に、面白いかもしれません。

・ここで提供中の、マインドフルネスやコーチングが目指すものの全体像に興味がある。
・自分の器を大きくすることに興味がある。
・成人としてさらに発達することで、さまざまな「縛り」から自由になることに興味がある。


さらに基本として、

「自由に」「無理なく」「クリエイティブに」

という路線にそっていきます。

ご興味のある方は、お付き合いくださいね。(日記は不定期更新です)

四象限は、インテグラル理論入門に最適の視点

インテグラル理論は、四象限の考え方から取り組むのが入りやすいと思っています。


四象限は、世界を観察する視点の1つです。


自分の身の回りで起こっていることについて、かたよった見方ではなく、統合的な視点から考えたり行動したりするのに役に立ちます。

高橋左

図にすると、こんな感じ。

「ゼロ・ウェイスト(ごみゼロ)宣言の徳島県上勝町」を例に考える


最近見つけた、美しい動画で紹介された「徳島県上勝町、日本初のゼロ・ウェイスト(ごみゼロ)宣言の町」を例に考えてみました。

高橋右

最初は「自然と生活の距離が近い、キレイなところだな〜」ぐらいに思っていました。

ですが、動画を見て、色々調べたあとは「コロナが収束したら、上勝町に行ってみたい〜!!」となってしました

途中、カフェのオーナーさん?が登場したのですが、この人が素敵だな、と一気に引き込まれたのです。

オーナーさんは、こんなことを言ってました。(オーナーさん登場は、5:50ぐらいです)

オーナーオーナー


本質的には自分とは何か、みたいなことを
問い続ける作業(仕事)をする一つのテーマが
ゼロ・ウェイスト

例えば、いかに自然に負荷をかけないかとか
自分がやったことは、全て自分に帰ってくるとか
例えば、川を汚せば、それは自分たちの生活を汚すことになる。

資源は、大切なものとして使わせてもらって
必要以上に消費しないということが基本

地域の魅力は、
その地域に「考えている人」がどれだけいるかということが地域の魅力


こんなことを言う人は一体何者?と思って、いろいろ調べました。


オーナーの東輝実さんは、上勝町出身で、関西学院大学在学中にルーマニアの環境NGOや、東京での地域のアンテナショップ企画のインターンを経験。「上勝でかっこいい仕事をしながら子育てをしたい」と卒業後上勝町へ戻り起業。2013年、「五感で上勝町を感じられる場所」をコンセプトに、「カフェ・ポールスター」をオープン。2015年4月より、ゼロ・ウェイスト・アカデミーの三代目事務局長、という人だったのです。

上勝町のカフェのオーナーさんの話をインテグラル理論の四象限で見る

とても、面白くなって、私は上勝町のカフェのオーナーさんの話をインテグラル理論の四象限で見てみました。

左上象限(私:個人の内面の視点)で見ると

オーナーオーナー

 (ゼロ・ウェイストは)本質的には自分とは何か、みたいなことを問い続ける作業


高橋右

このセリフからは、オーナーさんがさまざまな活動を通じて自分と向き合っている感が伝わりますね

右下象限(それら:集団の外面の視点)で見ると

オーナーオーナー

 本質的には自分とは何か、みたいなことを問い続ける作業の一つがゼロ・ウェイスト


ちなみに、上勝町は、2003 年に自治体として日本で初めての『ゼロ・ウェイスト(Zero=0、Waste=廃棄物)宣言』を行いました。ごみをゼロにする=ごみをどう処理するかではなく、ごみ自体を出さない社会を目指しています。

『ゼロ・ウェイスト宣言』から17 年経過した現在、リサイクル率80%を超えているそうです。これは、持続可能なシステムをどう作るか、という視点からも、世界から注目を集めているそうです。

左下象限(私たち:集団の内面の視点)で見ると

オーナーオーナー

地域の魅力は、その地域に「考えている人」がどれだけいるかということ

東さん自身は、学生時代からNGO活動に関わったりして、現在は、ゼロ・ウェイスト・アカデミーの三代目事務局長。色々と経験がありそうです。

右上象限(それ:個人の外面の視点)で見ると

ゼロ・ウェイストにしても、何にしても、個人の生活もしっかり成り立たなくては、持続できません。実は、上勝町は、以前から「葉っぱビジネス」で知るひとぞ知る町でした。(「葉っぱビジネス」とは日本料理を彩る”つまもの”、つまり季節の葉や花、山菜などを栽培・出荷・販売する農業ビジネスのこと)以前から、数字を使った客観的なビジネス戦略も持っていたのです。

まとめ

インテグラル理論の四象限とは

四象限の視点で、世界を見ることをお楽しみいただけたでしょうか?

四象限は、世界を観察する視点の1つです。

自分の身の回りで起こっていることについて、かたよった見方ではなく、統合的な視点から考えたり行動したりするのに役に立ちます。

インテグラル理論の四象限

左上象限(私:個人の内面の視点)
左下象限(私たち:集団の内面の視点)
右上象限(それ:個人の外面の視点)
右下象限(それら:集団の外面の視点)

もしよかったら、あなたも何かを「四象限」で見てくださいね。

高橋左

いつか行くぞ、上勝町!

インテグラル理論のオススメ図書

初めてインテグラル理論に触れるなら、この本がとてもわかりやすいです。オススメです!

電子書籍「苦手なあの人との仕事が劇的に楽になる『Google発』基本のマインドフルネスと5つの耐性アップ法」

マインドフルネス電子ブック電子書籍ダウンロードはこちら(無料)>