ここでは「習慣化」について、そして「習慣化」の対極ともいえる「先のばし」について、書きますね。

本題に入るまえに、私なりの定義を少し。

定義

【習慣化】歯磨きのように、繰り返し起こす行動とすること
【先延ばし】「まあ、明日でもいいや」と思って行動しないこと



私は「習慣化」も「先のばし」もどっちの体験もたっぷりありますよ~

あなたはいかがですか?

習慣化のメリットと、習慣化の難しさ

紀元前のローマの新人オウィディウスは
「習慣の力はスゴイ!!」
と言ったそうです。

どう、スゴイのかというと、
「習慣は、第二の天性だ」
これは紀元前のローマの政治家、キケロが言っています。

「習慣化されたことは、後天的に得られた才能と同じという意味なんでしょうね。

こんな名言が2000年以上残っているのは、世の中の人たちが、習慣化のメリットと、習慣化の難しさの両方、十分に味わってきた、ということなのではないでしょうか?

「習慣化の難しさ」をいかに克服して、「習慣化のメリット」を受け取るか


ここからは、「習慣化の難しさ」をいかに克服し、「習慣化のメリット」をたっぷ受け取るか、について書きますね。

「習慣化のメリット」をたっぷり感じる

あなたには、これができたら、達成できたら、実現したら、いいだろうな~と思うことがあると思います。

「一年の抱負」として書いている方もあるでしょうね。

その「こうなったらいいな」という状態を、しっかり感じてください。

そこでは、どんな映像が広がっているのかそこであなたがどんなことを感じているのか。想像してみてください。

できるだけ、視覚・聴覚・体の感覚、など、フルに感覚を使って、想像してみてくださいね。

私の小さな工夫

視覚・聴覚・体の感覚を想像するのことには、得意不得意があると思います。
人って、そういうものだ、と私は思っています。

それで、私の場合「こうなったらいいな」の視覚映像は、比較的描きやすいです。

一方、体の感覚は難しいです。

なので、これまでに体験した、嬉しかったときの体の感覚を思い出し、それを使っているんですよ。

あなたの心と頭、調和していますか?~習慣化のメリットをもっと受け取るために

ここで大事なことをを言います。
三日坊主にならずに、うまく習慣化させるには、感情について学ぶことが欠かせません。

人間の感情と理性の関係について、とてもわかりやすい例えを考えた人がいます。

この絵です。

象と象使い 理性と勘定の関係図

題して「象と象使い〜感情と理性の関係」

それで、もうお気づきだと思うのですが、

象使い‥理性
象‥感情

のたとえなのです。

象使いが、象の行き先をコントロールするわけですが、象が嫌がったら結局、象も象使いも行きたいところに行けないって言う事なんですね。

なにしろ、象のパワーは、強大ですから!

象を怒らせたら、人間などひとたまりもありません。(タンザニアのサファリで、象を目の当たりに見て、実感・・・・)

つまり象と象使い、つまり感情と理性の方向性が一致していることが大事だといいたいのです。

あなたが、習慣化しようとしていること、感情と理性の方向性は一致していますか?

たとえば、もし、あなたが習慣化しようとしていることの「根っこ」が「誰かの期待にこたえる」だったとしたら、三日坊主で終わる可能性が高くなります。

いわゆる「やらなきゃいけないことは、分かってるんだけど、どうしてもやる気になれないのよね~」状態になるわけです。

ですから、もう一度ききます。習慣化しようとしていることと、あなた感情のは一致していますか?

※もし、自分の理性と感情、心と頭の方向がずれているかも、と思ったら、それはチャンスです。ぜひ一緒に探求してみましょう
(→個別のコーチングをオススメします)

余談:理屈っぽい長男の話

先日、この絵を社会人の長男に見せました。

長男は、気持ちは優しいのですが(ここは親バカ)やたらと理屈っぽい(あ~誰に似たんだか?私か?)それで、よく上司や先輩と衝突する・・・。

昔は私も理論派で、いろいろありました。コーチングやらマインドフルネスやらを学んで「人は理屈では動かない」ということが、よ~く分かりました。他人様もですけど、自分も本当は理屈では動けないんですよ~。

この絵、長男にとって、すごく印象深かったらしく「あの絵、ジョナサン・ハイトが『しあわせ仮説』で書いてたこと?」と1か月後に聞いてきました。

めずらしいことです^^;

それで、上司や先輩とのコミュニケーションは、変わるのかな・・・

(つづく)

無料メルマガ登録

講師:高橋美佐

3分禅コーチング的視点でセレクトした
コーチング・マインドフルネス・科学に関する最新情報と
マインドフルネスの音声ガイドを
あなたにお届けします。

無料メルマガお申込み