「最適化した自分」か「ぐしゃぐしゃな自分」か

ちょっとお伺いします
今のご自分がどんな状態か意識された事はあるでしょうか?


例えば、午前中はいい感じだけれど夜になったらぐしゃぐしゃだ、みたいな感じです。

あるいは、午前中はぼーっとしているけれど夜になるとだんだん冴えてくるとか、人によっていろんなパターンがあると思います。

このように、自分についてちょっと引いて客観的に見ることを「メタ認知」と呼ぶこともあります。


それで、大事なのは、自分のパターンを知ることそのものではなく、

パターンを知ることによって「自分を今よりうまく使いこなせる」かもしれないことです。


それにはまず「自分を苦しくさせるパターンから抜け出る」感覚を味わうところからスタートすると面白いのかな、と思っています。

・・・ということで、1つ目の方法として、私はまず、呼吸のマインドフルネスをお勧めしています。

シンプルですが、とてもパワフルな方法で、多くの方に喜んでいただいています。


それから、自分を苦しめるパターンから抜け出すもう一つの方法として、いろんな人の力を借りる方法があります。その方法の1つとして、こちらをお勧めしています。

ベイシックコーチング講座

↑これは、コミュニケーションの講座でもあるのですが、私たちの苦しさの原因には「快適なコミュニケーションの方法を知らない」という可能性もあるのですよ。

私はコーチングを学ぶコミュニティに属していますが、コーチングを学んで本当に良かったと思っています。

 さて、最近のマイブームとしては、脳科学の論文を読み込み、自分の内側で何が起こっているのかイメージしながらマインドフルネスするのを楽しんでいます。

 脳活動と言うと頭蓋骨の中だけで起こっているように考えがちですが、

その本質は全身を巻き込むネットワーク活動だと思っています。

電子書籍「苦手なあの人との仕事が劇的に楽になる『Google発』基本のマインドフルネスと5つの耐性アップ法」

マインドフルネス電子ブック電子書籍ダウンロードはこちら(無料)>