「ながら聞き」のススメ

マインドフルな人は「~ながら」をしてはいけない?

マインドフルネスではよく「呼吸に意識を向けて」とか「食べていることそのものに意識を向けて」などという実践をします。

たしかにやってみる価値のある実践です。私も認めます。

でも、いつでも100%マインドフルでいなければならないのでしょうか?

この言葉、あんまり使いたくないのですが、正直、忙しい方もあるでしょう。

たとえば、子育て中のお母さん。自分の時間を見つけるのがとても難しかったりしませんか?

とにかくなんだか忙しい、という方もあるでしょう。

そういう方には、ぜひ「ながら聞き」をオススメします。

・ノーベル賞受賞の山中伸弥教授がどのように「ながら聞き」を活用しているか

・子育てで英会話学校に行けないのに、どのようにアメリカの大学レベルの英語力をつけたか

というお話をしました。

詳細はこちらをお聞きください。

まとめ

youtubeを聴いている時間はない、というあなたのために、一言でまとめます。

いつでも100%マインドフルである必要はありません。どのぐらいの「マインドフルネス度」でいくのか、私達は選択できるのです。

無料メルマガ登録

講師:高橋美佐

3分禅コーチング的視点でセレクトした
コーチング・マインドフルネス・科学に関する最新情報と
マインドフルネスの音声ガイドを
あなたにお届けします。

無料メルマガお申込み