Googleの人も、私たち同じようなことで悩んでいる


突然ですが、外国の人って、なかなか自分たちと「同じ人間だ」と感覚的には思えない、ということはないですか?


頭では「同じ人間だ」と分かっているんですよ、もちろん。
でも、感覚的にピンとこない。


そういう時期が、私にも長くありました。

もしあなたが
・毎日がんばっているけれど、どうにも苦手な人がいて、イライラしてしまって疲れる

・毎日努力しているけれど、仕事がすすまず、 イライラや不安がつのる

・毎日それなりやっているけれど、満足感がない日々が続いていて、これでいいのか?と思っている

と感じているなら、「マインドフルインサイト実践編」の内容はぴったりだと思います。

なぜなら、サンフランシスコに行って、シリコンバレーのエリート・エンジニアも、さまざまな外国の人も、同じようなことで悩んでいる、とわかったからです。

だから、Google発のプログラムを日本の方にも提供しているのです。

ご参加いただいた、会社員、医師を含む医療関係者、経営者、主婦、プロコーチの方から「役に立つ」と言っていただいています。

生活の中でざわざわすることがほとんどなくなり、問題点や嫌なことを後回しせずに、処理出来るようになりました。これらの感覚は私の宝物になり、日々の生活で大変役に立っています(加藤美幸様)

感情がフラットな時間が増えました。仕事でトラブルがあったときも、目の前のことに集中し、前に進めました(深堀瑞佳様)

悔やんでも戻らない過去にとらわれる時間が減りました。まだ起きてないことを考えて不安になることはまだ少しあるが、そこから離れて今に戻れるようになりました(河野美保様)

何かあったとき、またはありそうだな、というときにいったん呼吸に意識を向ける癖ができました。それによって、感情に振り回される場面が減ったと思います(金谷良介様)

仲間の顔が見られて嬉しい、みなさんの体験を聴かせていただき刺激になります。(東出悦子様)

本で読んだこと、Google発の2日間のマインドフルネスプログラム(こちらは日本で開催されてます)で学んだことを実践することにより、理解が深まります。少人数制で、参加者の顔が見え、他の方々の気付きや質問がとても参考になります。(片山 晶弘様)

続けることで感情的な自分からち中立な自分に戻ることが早くなりました(松下由樹様)

カッコイイ自分をみせようとするのをやめ、他人が決めたことではなく、自分の体と心と頭にやさしい一歩を、自分で見つけたときが、まさしく、自分の人生レベルのターニングポイントでした。(櫻井猛様)

これまでさまざまなセミナーを受けてきたが、人生の根幹に関わるような内容だった(会社経営者様)

・・・これ以外にもさまざまな声をいただいていますが、ほんの一部をご紹介しました。