明鏡止水(めいきょうしすい)の出典は荘子です。 流れる水面を心の鏡にしてはいけない、静止した水面を心の鏡とせよ。静止しているからこそ、本当の姿が見えるのだ。 という意味です。 どうすればその状態になれるのか 以前は、「息・・・