%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9

今日は、クリスマスです。クリスマス・イルミネーションがキレイですし、クリスマス・パーティーを開いたり、パートナーと過ごしたり、家族でごちそうをたべたり。また、商業的にもさまざまな活動が展開されます。

でも、クリスマスって何の日なんだろう、そして、キリスト教徒でもない私は何をやっているんだろう、という疑問がずっとありました。

そんなとき、夫の仕事の関係で、2年間アメリカに住むことになり、これはチャンス、本当のクリスマスを見てこよう!と思ったのです。そのときのことを、ちょっとご紹介します。

引っ越し先のサンディエゴのアパートの隣人、Hさんは、やはり日本から来た人で、双子の男の子のお母さんでした。阪神大震災で被災して、「人生は一度きり!」と覚悟を決め、子どもをつれて留学してきた「肝っ玉母さん」です。

Hさんがカトリック(キリスト教の宗派のひとつ)教徒だったのでした。もともと興味があったのと、当時の私はとても悩み多かったこともあり、一年間、地元の教会に連れていってもらったのです。

20年前の記憶をもとに書いているので、不正確なところはあるかもしれませんが、お許しくださいね。

クリスマスはイエス・キリストの誕生日を祝う日

これは、ご存じの方も多いと思います。

12月の始めから「もうすぐ生まれるよ~」という期待が高まる「降誕節(こうたんせつ)」がはじまります。

イエス・キリストが生れる前、その両親にどんなストーリーがあったか、物語風に語られます。

それが相当な苦難の物語なのです。

当時の王様は、預言者から「これから生まれる赤ん坊は、王様に害をなす」といわれ、生まれる赤ん坊を全員殺すことを命じ(!)ます。

その上、お母さんのマリアさんは「未婚の母」と思われていて(なにせ神様の子どもを宿したわけですから尋常ではないのです)周囲の目がそれはそれは厳しかったという解釈もあります。

そんな事情をすべて理解した優しいヨセフさんが、臨月のマリアさんの国外亡命を助けるわけです。

そして、逃亡中、宿がなくて、やむなく入った「馬小屋」でイエス・キリストが誕生するわけです。

ここでBGM的には「きよしこの夜」です。

子をもつ親なら、とっても大変なこと続きの末に、奇跡のように授かった子供!という気分が理解していただけるかと思います。

ちなみに、サンディエゴの教会の讃美歌は、伴奏が「フォークギター」でとっても庶民的でした

クリスマスをこのように祝う習慣は、ヨーロッパの冬至のお祭りから

ところで、イエス・キリストが生れたのは、イスラエルの砂漠地方。しかも12月ではなかったと言われています。

キリスト教がヨーロッパに広まったとき、土着の「冬至」のお祭りと結びついたと言われます。

何せ、「冬至」は一年で一番、日が短い日。寒くて、花も咲きません。でもこの日から、徐々に日が長くなり、命が芽生えて、春になる・・・そういう期待を込めて「冬至」を祝うのです。たぶん日本人が「お正月」を祝う気分と同じです。

新しい命の始まり、という意味で、「冬至」と「イエス・キリストの誕生」は結びつきやすかったのだと思います。

クリスマスより大事なのは復活祭

クリスマスのあと、Hさんが言いました。

黒髪女性さん

ホントは、私らにとって、クリスマスより大事なんは、復活祭なんやで

「イースターの卵」というのはご存じでしょうか?
美しくペイントした卵を、家のあちこちに隠して、さがしあてるゲームに使ったりします。

その「イースター」は「復活祭」という意味で、
キリスト教の布教を「国を乱した」とみなされて、処刑されたイエス・キリストが、預言通り「よみがえった」ことを祝うお祭りです。

なので、復活祭は、イエス・キリストが行った仕事が「正しかったよ、みんな、安心して!!」という、信者さんたちにとって、とても重要で、ありがたい日なのです。

教会では、処刑と復活のストーリーもみんなで追体験します。参加してみると、処刑のストーリーでは涙を流す信者さんもいます。「なるほど、こっちがキリスト教の心臓部だな」と思った瞬間でした。

ひととおり体験して思うこと

クリスマスは「新しい命の誕生を祝う」お祭りなので、自分の子供でも、他人の子供でも、誕生を心待ちにして、そして誕生をお祝いしていいんじゃないか、と思います。

それで恋人同士ですごす件にしたって、困ったマリアさんを優しいヨセフさんが助けた話でもあるので、まあ当たらずとも遠からず、でアリなんじゃないか、と今では思います。

それに、カトリックでは、信者さんでない人も、教会に参加OK、というのも、そう思う理由です。信条が異なっても、共有できる部分がある、というのは大事で素敵なことだと思うのです。

いろいろ体験し、勉強して、結局、信者さんにはならなかったのですが、Hさんには本当にお世話になったと今でも感謝しています。

クリスマスの過ごし方について、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。