20161217「引き寄せの法則」とは、ざっくり言うと「考えたことが、実現する」ということです。理系人間の私は「それって本当なの?」と思い続けてきました。

けれども、自分の体験を振り返ると「意外と本当かもしれない」と。そこで「引き寄せの法則」を、コーチングとマインドフルネスの言葉で説明してみました。

ビジョンを描くのは難しい?

「引き寄せの法則」とは、コーチング的にいうと、ビジョンの選択と集中です。自分が本当に欲しいこと(もの)を選択し、それに集中しよう、というのです。

たとえば、新しい「靴」がほしいとき、突然、道行く人の靴が目に入るようになるでしょう?いろいろみて、「あんな風な靴がほしい」とビジョンを描き、やがて、お気に入りの靴にめでたく出会って、手に入れるわけです。

ところが、ビジョンを考える習慣がなかったり、あるいは考えすぎたりでビジョンがうまく描けない人にとっては、この「ビジョンを描くこと」自体が難しいのです。

うめこさんうめこさん

私も、ビジョンを描くのって、なんか苦手です~

タカハシさんタカハシさん

たとえば、私は「夏木マリ」さんに憧れています。それで「彼女のようなプロポーションになりたい!」と明確なビジョンを描きました。

うめこさんうめこさん

夏木マリさんですか!それで!!

タカハシさんタカハシさん

でも、うまくいきませんでした。
理由は簡単です。本気で願っていないのだと思います。心の矢印がそっちを向いていないのですね。

うめこさんうめこさん

心の矢印がそっぽを向いている・・・

タカハシさんタカハシさん

それから、こういうビジョンも困ります。

ライフワークを見つけたい!

実は、これは2003年のタカハシのリアルなビジョンです。このあいだ、当時のノートがでてきたの

うめこさんうめこさん

ライフワーク、素敵じゃないですか!

タカハシさんタカハシさん

私も、他の人の「ライフワーク」の話を伺うのは大好きです。コーチの仕事の本質はここですから。

うめこさんうめこさん

私もライフワーク、見つけたいです!

タカハシさんタカハシさん

厳しいことを言うようだけど、「ライフワークを見つけたい!」では心の矢印あっちへふらふら、こっちへふらふら。どうにも方向が定まりません。だから困るのです。

うめこさんうめこさん

心の矢印の向き、が重要なんですね。じゃあ、どうしたらいいんですか?

タカハシさんタカハシさん

じゃあ、ささやかな私の体験談をするわね。

「選択と集中」の繰り返しで「本命のビジョン」に出会えた体験

2003年、私は初めて個人コーチをお願いしました。人生全般をあつかう、今でいうライフコーチです。

そのとき、「とりあえず」「たくさん」のビジョンを描きました。質より量、がポイントです。本命かどうか、にはこだわりませんでした。

全部で20コありました。

今振り返ると、20コのうち、達成したもの14コ、手放したもの3コ、未完了のもの3コ。です。

実は、その中のひとつに「マインドフルネス」がありました。

個人コーチをお願いして、最初に達成できたのは、「断捨離」でした。たくさんある絵本を整理し、リストを作って、図書館に寄付したのです。当時、そこでは、図書の寄付は受付ない、と聞いていただけに、受け取ってもらえてとても嬉しかったです。

「マインドフルネス」のテーマに取り掛かるには、それから4年が必要でした。2007年です。

英語の原書400ページを読む必要があったので、コーチではなく、英語の個人教授を探しました。「この本を読み終えるまで、お願いします!」というわけです。先生は珍しいタイプの生徒に驚いていらっしゃいましたが、4か月間つきあってくださいました。

そのときのノートがあります。英語でMindfulnessと書いてあるでしょう!これも先日たまたま見つけてびっくりしました。

2007%e3%81%ae%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

ひとつ自分の軸が定まった気がしました。
でも、そこからどうしていいか分かりませんでした。

そこで「とりあえず」次に魅力的だったコーチング・コーチに重心をうつしました。

そのほかにも、フラダンスを習ったり。これはけっこうハマりました。

2012年、コーチングを深めようとボストンに行ったら、再びマインドフルネスに出会うのです。

すぐ、これは「本命のビジョン」につながる、と思いました。フラダンスは即、手放して、無期限休止です。

それ以来、しっかり「マインドフルネス」を選択し、集中しています。

「本命のビジョン」に出会うまでの、「たくさん」のビジョンとの付き合いかた

本命のビジョンは最後にでてくる

振り返って面白いな、と思うのは、
「本命のビジョン」というのは
最後に、絞り出すように出てくる、ということ。

「マインドフルネス」のビジョンも、最後に出てきました。

うめこさんうめこさん

なんか、ビジョンって、「恥ずかしがり屋」なんですね

タカハシさんタカハシさん

だから、「もう、ない」と思ってからでてくるビジョンを大切にしてね。

手放すことの大事さ

引き寄せの法則は「選択と集中」と言いましたが、その実は
「選ぶ・手放す・集中する」だと思います。

手放すことってとても重要です。心の中のさまざまな矢印が、ビジョンの方向に「そろう」からです。

うめこさんうめこさん

ここでも、心の矢印ですね。手放して、ビジョンの方向に「そろう」ようにするんですね。

タカハシさんタカハシさん

そうそう。心の中の矢印達が「そろっている」かどうかチェックする習慣をもつと強いのよ 。これもマインドフルネスでできるわね。

タイミングの神様と仲良くする

そして、もうひとつ
ものごとには、タイミングがあります。
そのタイミングの神様が来たときに、仲良くするためには
自分の中で「これは、本命のビジョンに近いか?」という感覚を持ち続けることです。

この感覚は直感です、直感はマインドフルネスで鋭くすることができます。
すると、タイミングがやってきたとき、それを選択できるのです。

タカハシさんタカハシさん

最初は「どうしてもっと早くマインドフルネスに出会わなかったの?!」とちょっと悔しかった。でも、タイミングがくると、さまざまな人や事柄が私を応援してくれているように感じるの。不思議やし、感謝の気持ちがわいてくるねん。

うめこさんうめこさん

無理なく、自然に、という感じなんですね。

まとめ

引き寄せの法則とは、ビジョンを選択し、集中すること
「とりあえず」ビジョンを「たくさん」描いて、できそうなところから、やる
できそうなことから行動しているうちに、本命のビジョンに出会える
本命のビジョンは「恥ずかしがり屋」。最後に出てくる
ビジョンに近づくためには「手放す」ことも重要
タイミングの神様と仲良くなるために、直感を磨く。マインドフルネスが有効

講師:高橋美佐

グーグル発 セミナーのお知らせ
5月13日(土)「マインドフルネスと感情知」イントロダクション講座

セミナーの詳細・お申込みはこちら

メルマガのお申込みはこちら