講師:高橋美佐

3分禅コーチング的視点でセレクトした
コーチング・マインドフルネス・科学に関する情報を
メルマガでお知らせします。

メルマガお申込み

グラウンディング

今日は
どんなに辛い状況にいても、できること、
そして、ちょっぴり楽になることを
書きます。

先日、ジョアン・ハリファックス老師の
プログラムに参加してきました。

マインドフルネスを土台にした
コンパッションのプログラムです。

コンパッションは、
日本では慈悲と訳されることが
多いですが、
それはどうやら正確ではないそうです。

ですから

コンパッション

とそのまま書きます。

コンパッションはラテン語で

「コン」+「パッション」

の2つの部分からなります。

「コン」は、「一緒に」と言う意味です。
そして「パッション」は、情熱ではなくて
「受難」とか「受苦」というのが
もともとの意味です。

というわけで、
コンパッションの元々の意味は
「共に苦しむこと」でした。

さらに、ハリファックス老師によると

「共に苦しむだけでなく
それを何とかしようという行動を伴うもの」

ということでした。

コンパッションを意識するには
まず自分の両足が
地面に接地していることを
意識するところから始まります。

そんなの当たり前じゃないかと
思われるかもしれませんが
だまされたと思って
一度、意識してやってみませんか?

例えばちょっと大変だなぁと思うときに
両足が地面に接地していること
を意識するのです。

それだけで何かが変わってくることを
最近私は実感しています。