本来の自分の力を引き出したいなら、ぜひ考えたいポイントです。

    あなた自身のゴールのために、仕事時間の何%を使っていますか?

    ・・・これを考える前にまず、次の質問に答えてください。

    あなたの仕事上のゴールのトップ3は何ですか?

    (ぜひ、考えてください!)



    では、その、トップ3のゴールのために、仕事時間の何%を使ってますか?

    (ぜひ、考えてください!)

    75%の人!

    ・・・3人ですね。

    では、50%の人!

    ・・・今度は、7人になりましたね!


    いかがでしたか?

    統計の多くは、
    「働く人の80~90%は、トップ3のゴールのために使う時間が50%以下」という結果を示しているのだそうです。

    トップ3のゴールというのは、自己申告だそうです。(自分で選んだものも、そうでないものあるでしょう。どちらにしても「これぞ自分のゴールだ!」と思えるものです)


    この数字を聞いてどう感じましたか?



    多くの人は、自分のトップ3のゴールに対して、きわめて「受け身の姿勢でいる」ということを表している、ロバート・ボーゼン氏はいいます。



    あなた自身のゴールのために、仕事時間の何%を使っていますか?
    この質問、自分自身へのコーチングに使えると思います。
    私は自分の仕事の仕方を見直そうと思いました!!


    『ハーバード式「超」効率仕事術』の著者、ロバート・ポーゼン氏のyoutube(英語)の冒頭部をご紹介しました。

    それに対して、どうしたらいいか、その具体的な方法として、こんな本も書いています。